Umilog

Umilog

うみ氏の釣りブログ

実は身近に潜むタコを釣るために

タコをルアーで釣るには

ルアーをボトムに沈めチョンチョンとアクションさせて誘うとヌンと乗ってくる。そこで渾身のフッキングを決めたら浮きあがってくる海底の主。

そんなタコに近づくために。

f:id:umilogfishing:20180822231554j:plain

タコとの出会い

私がタコ釣りを始めるきっかけは福井県の漁港で凄腕のタコ捕り師を目撃したことにあります。

私はその漁港で根魚を釣って遊んでいましたが、とても暑い日だったので車に戻り休憩していた時のことです。

白のランニング姿に3mぐらいの棒を2本持ったおっちゃんが現れ、見るとその棒の先にはプラ製のカニが、もう一方の棒には大きな針が1本付いていました。

スタスタと堤を歩き進み、おもむろに海面を覗き込むとカニの付いた棒を水中に差し込み、なにやら激しく突き始めたら今度は逆の手で針の付いた棒を水中に突き刺すと持ち上げた先にはタコがいました。

僅か数秒の出来事

そのタコをビニール袋にさっと移したら、数歩進んでプラガニで突く→針を掛ける→タコはビニール袋へを流れるような手捌きであっという間に5〜6匹捕獲して去って行きました。

その早技にも驚きましたが、つい先程まで自分が釣りをしていた場所で次から次へとタコが出てきたことがなにより衝撃でした。

これは私も捕ってみたい。いや、釣り人である以上釣ってみたい。そしてタコとセロリのサラダでキンキンに冷えた辛口の白を飲みたい。

そう願うのでした。 

釣れないから釣れるようになるまで

  1. 釣りにおいて最も重要なのは場所。
  2. そこにターゲットがいなければ始まらない。
  3. ではどうやってタコがいる場所を見つけるのか

まずはグーグル先生からタコ釣りのいろはを教わりました。先生によるとタコ用のテンヤにカニかアジ、または豚の脂身を縛り付けて足下に落として待ちなさい。もしくはそれ用のルアーで誘いなさい。やつらは壁にへばり付いている。いずれにしてもロッドとラインはヘビーなものを使うことだ。海を汚すなよベイビー、GOOD LUCK!

要約するとそんな感じでした。

テンヤは以前太刀魚に挑戦した際に使ったことがありますが、臭い、めんどくさいでパスしルアーを選択。 

f:id:umilogfishing:20180823070716j:plain

初陣は愛知県の漁港でした。

無難に最も潜んでいそうなヘチを探りたいところですが、大概の漁港には等間隔に釣り人が入りヘチを歩きながら探ることは困難かつ迷惑です。私は沖へ向かってキャストし探り始めました。

投げて底を取ったら、ルアーが浮き上がらないよう注意して竿先をチョンチョンしながらゆっくり巻いてきます。するとルアーは無事に帰着しました。

よかったよかった。

ではありません。

これは釣れないパターンです。

重たいルアーを使って底を探るわけですから、ある程度根掛かりは避けられませんが、タコは身を隠せる場所のある底が荒い場所に潜んでいます。

ルアーがすんなり帰着したコースにタコはいません。

頻繁にルアーが引っ掛かりやすいコース、ポイントこそ狙う場所でした。

それは決して磯の荒々しい岩礁帯を狙うと言っているわけではなく、漁港内でも大きな貝殻やゴミが引っ掛かってきたらそこはとても怪しい場所で、もう一度ルアーを通しネチネチ攻めるべきなんです。

堤から数メートルは大きな捨石が積まれていて隙間も沢山あります。

また、船が通る航路は深く掘られていて斜面が形成されていますが、その斜面に潮が当たりえぐれているポイントが多数存在します。

そういったゴミ溜まり、隙間や窪みを探ることがキャスティングで釣る重要な要素でした。

タコは回遊しているわけではありません。

タコがジェット噴射して泳ぐのは敵から逃げる時です。

ルアーを発見し遠くから近づいてくるのを期待してはいけません。

住処があり、そこを拠点に活動しています。

あのタコ捕り師は住居の管理人ばりにポイントを把握し突いていたから短時間で多くの獲物を手にしていました。

まずはタコのお家にノックすること。そして荒れた底にルアーを通せて引っ掛かってもそこで誘いをかけれること。そこからタコを乗せて引き上げれること。

その為にはロッドとラインの強さはとても重要です。

タコの繊細なお触りを感知できたとしても、いざタコが乗り、引き上げに足を広げて抵抗するのに勝てなければ意味がありません。

太いラインでもこの釣りに必要な情報は感知することができますし、太さによる乗りの悪さを感じたこともありません。

ピンクでも白でも黄色でも緑でも同じように釣れたのでラインの色も関係ありません。

「ロッドとラインはヘビーなものを使いなさい。」グーグル先生の言うとおりです。

f:id:umilogfishing:20180823220948j:plain

この記事があなたのオクパライフに少しでも役立てば幸いです。

それではまた。

ご覧いただきありがとうございました。