Umilog

Umilog

うみ氏の釣りブログ

小太りスイッシャーのスイムテストを経て

少し太めなスイッシャーの完成

以前製作に着手した少し太めなスイッシャーが完成したので、今回はその備忘録です。

セルロースセメントどぶ漬けの下塗りが終わりお風呂でペラのセッティングを行いました。

当初は見た目の好みでフロントに大きめ、リアには小さめのペラを付ける予定でしたが、いざ付けてみるとリアはほとんど回らないという結果に。

なので、リアもフロントと同じサイズを付けてみましたが、今度は斜めになりながら直進するという謎な動きになってしまったのでリアのペラはここで却下。

フロントのペラだけでもそれなりでしたが、せっかくの太めなボディを考えるとなにか物足りないなと。

・・・そこで1枚追加

「フロント2枚装着」

リアには気持ちばかりのブレードを装着してみましたが、投げる時の気分次第であってもなくてもいい物です。

f:id:umilogfishing:20180914210051j:plain

金物のセッティング次第で何とか使えることはわかったので先へ進みます。

下塗りが終わった表面を紙やすりでサッと荒らしたらアクリル塗料で着色。

乾いたら上塗りで再びセルロースセメントにどぶ漬けを気が済むまで繰り返します。

終わったらヒートンにエポキシを塗ってねじ込みます。

矢継ぎ早にお送りしましたが以上をもって完成です。

f:id:umilogfishing:20180914210305j:plain

何度か野池で使ってみましたが、スローに引いても目立つのはスイッシャーの良さなのかなと。

または移動距離を抑えたストップ&ゴーで切れ良く「ジャッ」と誘うのもありですが、それなら私は余計な物が付いていないポッパーを使います。

スイッシャーはペラのおかげで小さいボディでも水を乱せるのでその辺が利点だと思います。

主流が細身なボディとなっているのも頷けます。

(私のは太めですが)

ただ、今回テストしていた中でショートジャークを入れると「ジャラッ」と音を立て頭を潜らせ、もがくような、あたふためくような動きを時折見せました。

さながら落下した昆虫が羽をばたつかせているところをイワナが食い上げる様子をダイナミックにした感じというか、そんなイメージを連想しました。

これで下から「バフッ」と出たら面白いなと。

そんな発見もありましたので、次回はその動きをより求めて私なりのスイッシャーの使い道を模索したいと思います。

 

【小太りスイッシャー】
  • 全長76mm
  • 自重29g

 

↓↓スイムテストの様子はこちらでご覧いただけます↓↓