Umilog

Umilog

うみ氏の釣りブログ

ポッパー製作録

トップウォータープラグを作って春を待つとします

f:id:umilogfishing:20190224112402j:plain

 昨年の今頃を振り返ってみると、この時期はペンシルベイトばかり作っていました。

ワイドにスケーティングするタイプを作りたくて、10本ぐらいあれこれ試作していたある日のこと、ザリガニと亀しかいないような近所の小川が増水してナマズが湧いているのを目撃したのでペンシルを投げ入れてみました。

次から次へとナマズが遡上してきますが、水面をスイスイと滑るペンシルには目もくれず真下を素通りです。

時は夕暮れ。なんとしてもスケーティングアクションで食わせたいと粘りましたが、日も暮れタイムアップ。

後日も完全スルーでした。

ペンシルのクイックなアクションはどうやら違うようで、川幅3mにも満たない浅い小川ではトゥイッチの移動幅ですら大きくて追う気にならなかったのでしょうか?

出来上がったばかりのペンシルで釣りたいところでしたが、今度はこの場所(浅くて狭い)に適するようトゥイッチ等のロッドワークなしにゆっくり引けて水面をよたよた動くタイプの製作に取り掛かりました。

ジッターバグ使ったほうが早いのは言うまでもない)

あくまでペンシルをベースに今度はジョイントを入れて浮き姿勢も水平気味に変更して再トライしたところ、アホみたくバイトが出るようになりました。

その後は太いの細いの長いのリップ付きだのといろいろ作ってみましたが、太いのと長すぎるのは小河川での反応はいまいちでした。

見には来るけど、バイトには至らず反転される感じです。

(夜の大場所では出てくれましたが・・・)

f:id:umilogfishing:20190227201217j:plain

あいつらも一撃で致命傷を与えられそうにない相手には襲い掛かって来ないのでしょう(その分出るやつはデカイですけど、何度もポカポカ出てはくれませんでした)。

この場所では暴力的な引きで突如現れた雷魚もキャッチすることが出来ましたが、夏が近づくにつれ水量はみるみる減りポイントは消滅しました。

f:id:umilogfishing:20190227201218j:plain

もとのザリガニしかいないような小川の姿に戻っていきましたが、そんな春限定のポイントで今年はポッパーを試してみようと製作に至った次第です。

 

オレンジの1号ポッパー

全長:69mm

自重:10.2g

素材:丸棒 謎の広葉樹 18mm

ウエイト:7mm(1.5g) 6mm(1.3g)

f:id:umilogfishing:20190224104301j:plain

f:id:umilogfishing:20190224104302j:plain

 

パープルの2号ポッパー

全長:53mm

自重:7.4g

素材:丸棒 謎の広葉樹 18mm

ウエイト:6mm(1.3g) 5mm(0.7g)

f:id:umilogfishing:20190224104303j:plain

f:id:umilogfishing:20190224104304j:plain

 

ピンクの3号ポッパー

全長:73mm

自重:16.5g

素材:パイン 24mm

ウエイト:8mm(3.1g) 6mm(1.3g)

f:id:umilogfishing:20190224104305j:plain

f:id:umilogfishing:20190224104306j:plain

 

ゴールドの4号ジョイントポッパー

全長:75mm

自重:14.9g

素材:丸棒 謎の広葉樹 24mm

ウエイト:7mm(2.1g) 5mm(0.7g)

f:id:umilogfishing:20190224112400j:plain

f:id:umilogfishing:20190224112401j:plain

スローリトリーブでよたよたさせるのも、ジャークしてダイビングさせるのも良しと、この4本の中では1番お気に入りです。

 4本全てそうなのですが、特に紫とピンクはカップが深すぎてスナップを通すのが知恵の輪状態で嫌になります。

  

それではまた。