Umilog

Umilog

うみ氏の釣りブログ

ジャイアントなビッグベイトを作る

ビッグベイトは存在感で勝負!?

体高のある形状でジョイントを2箇所作り、ロールが強めに入るようにすれば悶えるようにウネウネするのではと考えた次第です。

f:id:umilogfishing:20180830063511j:plain

今回は妖艶で大きな軌道を描き巨大なフィッシュイーターが思わずまたはイライラして食いつくような存在感たっぷりのビッグベイトを作ろうと思います。

大変手間が掛るので是非ともお魚さんが興味を持ってくれるよう念じながら・・・

 

まずは妄想いっぱいにホームセンターへ向かいます。

最近のホームセンターは木材のカットサービスの他にも工具の貸し出しや、加工スペース(塗装ブースまであるところも)の提供等DIY好きにはたまらない環境となっております。

そんな店内の一角にある私の大好きな端材コーナーを物色し見つけてきたのは

f:id:umilogfishing:20180829222315j:plain

材質不明の端材 220×80×25 ¥180

山桜っぽい気はしますが、よくわかりません。繊維が密な感じで普段使っているものよりもずっしりしていて硬そうな感じですが、節もなく大きさもイメージに近いのでこちらを使用します。

まずは切り出すアウトライン描きジョイント箇所を考えます。

今回は3連結にしたいので、ジョイントラインを2本引いて切り出しに取り掛かります。(この時点でジョイント箇所を分離しない程度に切れ目を入れておいたほうが無難です)

f:id:umilogfishing:20180829222339j:plain

ノコギリで図のようにカットしていくのですが、今回の木はとにかく硬くてかなりの時間と体力を要し、大人しくホームセンターの糸ノコ盤で切ってくればよかったと激しく後悔しました。

切れない刃物と刺さらないフックは直ぐに交換しよう by umilog

ざっくりと切り出したらジョイント箇所と尾びれ装着箇所に切れ目を入れます。次の工程で材の厚みを削っていくので、この時点までに切り込んでおかないと後からでは恐ろしく難易度が上がります。

f:id:umilogfishing:20180829222420j:plain

切り込む角度は鋭角にすると可動域は狭くなり、浅くすると広くなります。私は大概30~45°ぐらいです。

その後の作業で折れたりしない程度を残して切り込んだら切り出しナイフやカンナを使って側面を削っていきます。

f:id:umilogfishing:20180829222452j:plain

とても硬かったので私は腕と手をプルプルさせながら削りましたが、ベルトサンダーがあれば楽々です。(ただし粉塵も半端ない)

ある程度形が出来たのでシンカーを考えます。今回はスローシンキングにしたかったのでラップをぐるぐる巻いて防水してから水に浮かべてシンカー量を調節しました。

テストの結果4号のシンカーを8箇所となりましたのでヘッドに3個、ボディに3個、テールに2個配置します。

ロール力を強める為に少し上に配置したかったので側面からシンカーを入れます。

f:id:umilogfishing:20180829222526j:plain

ドリルで横っ腹に穴を開けてシンカーを叩き込みます。

開けた穴はパテで埋めましたが、量が多かったのか固まらなかったので取り除いてからティッシュを詰めて瞬間接着剤で固めて塞ぎました。

後は気が済むまでひたすらヤスリ掛け。

ここからアイや顔を彫ってそれっぽくするつもりでしたが、いかんせん硬い木なのでやる気を失いました。しかしのっぺらぼうなのでアルミ貼りが捗りそうだと下塗りもせずにアルミテープをベタ貼りです。

f:id:umilogfishing:20180829222554j:plain

通常は下塗りして下地を作ってから貼りますが、硬い木なので別に問題はないでしょう。

ちなみにこの時点でウエイトは240gぐらいあり、手持ちの一番強いロッドが最大キャストウエイト300gなのでかなり攻めています。

あとはジョイントを切り離してセルロースセメントのドブ漬けを繰り返します。

f:id:umilogfishing:20180829222615j:plain

ある程度塗膜が付いたら一度仮組してお風呂で泳がせてラインアイの位置をテストします。

当初は鼻っ面の上側で考えていましたが、下側のほうが悶え感がより出ていたので変更しました。

上側に付けたほうがロールが抑えられて安定感があり、リトリーブスピードの範囲も広くなると思いますが、ゆっくり引いた時の動きが物足りなかったので下側です。

誤算はもう1つありまして、沈下速度がスローとは言い難くなっていました。完成時には普通のシンキングになるもようです。

 

それではまた

ご覧いただきありがとうございます。