Umilog

Umilog

うみ氏の釣りブログ

クランクベイトは誕生日に失踪?

秋なのでとりあえず巻いてみようと思いまして。

 気温が落ち着いてきたと思ったら台風の襲来ばかりの今日この頃ですが、今回はそんな秋の悪天による水の濁りでも活躍してくれそうな、いや、是非とも活躍してもらいたい巻物系の定番ルアーであるクランクベイトを作ってブリブリと中層を泳がせてみたいと思います。

使用材料:杉の端材 35mm×40mm ¥88

先ずは糸ノコ盤を使ってアウトラインを切り出しますが、板の厚みが機械のキャパを超えていたのか、なかなか上手くいきませんで、大部分は手ノコで切りました。

(後に私の刃の付け方が悪かっただけと判明しました。ありがとうYouTube

f:id:umilogfishing:20181002204307j:plain

形状としてはテール長めなクランクベイトです。

ちなみに私的糸ノコ盤の最大のメリットは内側の曲線を綺麗に切れることです。外側のカーブはいくらでも作れますが、内カーブとなるとちまちまとナイフで削り込むか、ノコギリで切り目を入れてからノミで叩き取る等しないと作れないので手間暇が掛ります。

ホームセンターで粗方の作業を終えたら、自宅で一杯やりつつ削って整形していく至福のひと時です。

この長めなリアに意味があるのか無いのかは後にわかるとして、今回はクランクらしく泳ぐものが欲しかったのでリップも付けます。

f:id:umilogfishing:20181002195353j:plain水に浮くルアーであれば、単純にリップの角度を立て気味にするとあまり潜らずに表層付近を泳ぎ、寝かせるほど深く潜るようになります。

リップの良いところは出来の悪いルアーでもそれなりに泳ぐようになる点で、悪いところは製作工程が増えるのと、空気抵抗で飛距離が伸びない点です。

私の経験上ですが、寝かせれば寝かせるほどバランスの取り方がシビアになり、まともに泳がない(リズミカルな反復運動をしない)ようになりますので、寝かせる場合はラインアイの位置を前に出して調整する必要があります。

f:id:umilogfishing:20181004185925j:plain

今回リップの角度は無難なところで40度ぐらいにしています。

f:id:umilogfishing:20181002204308j:plain

頭とお尻を削って薄くしてから

f:id:umilogfishing:20181002204309j:plain

こんな感じでぼってりとしたシルエットにしているので、ブリブリと強く水を押して泳いでくれるのではないかと期待していますが、どんなもんでしょうか。

リア側はウエイトを入れるか迷ったのですが、お風呂テストの結果、浮力が強すぎたので入れることにしました。

フロントは4号(15g)、リアは1.5号(5.6g)のナツメを叩き込んでます。

穴開けが雑な感じだったので、パテを盛って埋めてあります。

シンカー位置の白いのはティッシュと瞬間接着剤で埋めた跡です。

潜行深度は1mくらい欲しいところなので、言葉で言い表すのは難しいですが、着水時にサッ、でもフワッ、でもなくプカァ~、と浮くぐらいが丁度良いように思います。

f:id:umilogfishing:20181002204311j:plain

整形が終わったらセルロースセメントにどぶ漬けを繰り返しアクリルで着色します。

目ん玉を貼ったら下塗り同様にセルロースで上塗りし、仕上がったらエポキシ接着剤をリップとヒートンに塗って差し込めば完成です。

f:id:umilogfishing:20181002204310j:plain

で、早速翌日の釣行に持って行きました。

泳がせてみながらリップを削って微調整するためヤスリも忘れずに。

感じとしては「うん、まぁそんなもんか」ってぐらい素直なものでした。

言ってみれば可もなければ不可もない普通のクランクベイト。

わざわざジョイントを設けていますが、動きのなかではその必要性は無かったと言っても良いでしょう。

ただ、釣行時は長雨明けで水が濁り気味だったので、潜行深度はよくわかりませんでしたが、ボトムの草をフックに引っ掛けて帰ってきたことから1m以上は楽に潜っていたと思われます。

また、稀にですが横スライドして泳ぎの破綻が見られたので、もう少しリップを削った方が使い勝手はいいのかなと。

引き抵抗も重めだったので。

その辺を今後煮詰めて行こうかと思っていた矢先にライントラブルから夜の浜名湖にダイブして帰ってこなくなりました。

今頃は太平洋を泳いで来年のクリスマス頃には西海岸に辿り着く予定です。

完成から24時間以内にロストするという悲惨な結果に終わりましたが、次はもう少しサイズダウンして作るとします。

 

それではまた。

 

【ジョイントクランクベイト】
  • 全長 130mm
  • 自重 47.5g