Umilog

Umilog

うみ氏の釣りブログ

【消えたブラックバス】一変した野池と最近の川事情&ルアーの制作

濁りで激変した野池はデスフィールドに@岐阜

 

f:id:umilogfishing:20190913075419j:plain

 

 今日は明日からのキャンプに備えて買い出しに行ってまいりました。

勿論ただBBQして自然を感じるだけでは満足できない性分なので釣りを兼ねているキャンプ釣行の予定ですが、まずはここ半月ほどを振り返るとします。

通っていた池は影響がなくなりそうなタイミングで大雨に見舞われ濁りが入りっぱなしとなり全く釣れないデスフィールドと化しています。

濁りによって好転する場合もありますが、今回のはそれと違いバスの存在を全く感じることができない生命感消失状態。

濁りが入るとアクションが大きく水押しの強いルアーが良いとか、カラーは派手なほうが良いとかありますが、ダメな時はどこで何をやってもダメ。

カバーも無。インレットも無。ブレイクも無。

真冬のような完全ノーバイトが続いています。

今の時期は深場でじっとしているわけではないと思うので、回遊しているのかストラクチャーにべったりと張り付いて動かないのか。

ルアーが見えてないのか、視界が悪く追う気(動く気)にならないのか。

わかりませんが、そんな感じです。

もう少し足を伸ばして規模の大きなフィールドに行った方が良いのかなと思いつつも、ついつい同じ池で粘ってしまいました。

今は季節の変わり目。

野池の山道にはいつの間にか大きなキノコがポコポコと生え、猪が何かを掘り起こした跡もよく目にするようになりました。

それと蜂の姿も。

この時期は攻撃性が強いので藪を漕いでうっかり巣を刺激するようなことをすれば病院送りになりかねませんので要注意です。

まだまだ暑い日は続いていますが夜は鈴虫の音色が聞こえるようになり、秋は着々と近づいているようです。

 

久しぶりに近所の川を調査

 

 日曜の午前中に近所の川へ様子を見に行って来ましたが、以前自分が入っていた道が分からぬほど鬱蒼としたジャングル状態になっていました。

そこを掻き分けて掻き分けて2ヶ月ぶりにポイント到着。

足元にはナマズがいましたが、どうやら寝ているようで頭上にビッグベイトを通しても微動だにしませんでした。

ガチで寝ている時ってこうも無防備なものかと。

 

f:id:umilogfishing:20190913075411j:plain

中央にいます。

 

 水中を観察していると次々と魚影は現れますが、鯉ばかりです。

白いの黒いのオレンジのと。

私は鯉を狙った釣りをしたことはありませんが、ヨーロッパのほうではカープフィッシングはメジャーなようでインスタを見ているとありえないぐらいに肥大した鯉をドラマチックに抱きかかえる映えな写真をよく目にします。

ハードルアーで狙うとするならば、どういったタイプが有効なのでしょうかね。

 

しばらくキャストを繰り返していると50ぐらいの雷魚チェイスしてきましたがルアーが岸に到達してしまったので見切られました。

10cmぐらいの小バスの群れも見つけましたが、大型の捕食者が多いこの川ではバスも生き抜くのは大変でしょう。

タフな環境を生き抜いて”ガツン”とビッグベイトに出てきて欲しいものです。

その他にも1cmぐらいの稚魚が手で掬えそうなほどおりましたが、魚種は不明。

あとは岸際に集まるおびただしい数の鵜。

春先にもよく目にしましたが、その時期は下流を向いていたのに対し、今回は上流を向いてスタンバイしていました。

落ち鮎でも狙っているのでしょうか。

1時間ほど川に滞在しただけですが、露出していた顔と薄手の衣服で覆っていた肘付近をガッツリと虫に食われていました。

虫除けしても汗で直ぐに流れてしまうようです。

魚影の濃い良いポイントだけど、ここはこれが最大の難点です。

とにかく虫が多過ぎるので次行く時は塗るタイプを試してみようかと探してみましたが意外と売ってないものですね。

 

それではまた。

 

ルアー制作メモ 

 

ビッグベイト20号
  • 全長:160mm
  • 体高:38mm
  • 自重:50g
  • 素材:エゾ松 24mm
  • ウエイト:11mm(5.8g)×2、8mm(3.1g)×2
  • 塗装:エポキシ
  • タイプ:フローティング

 

f:id:umilogfishing:20190913215645j:plain

f:id:umilogfishing:20190913215816j:plain

 

ビッグベイト21号
  • 全長:170mm
  • 体高:52mm
  • 自重:67g
  • 素材:桂 17mm
  • ウエイト:11mm(5.8g)、9mm(3.8g)×3、8mm(3.1g)
  • テール:サーキットボード0.8mm
  • 塗装:エポキシ
  • タイプ:フローティング

 

f:id:umilogfishing:20190913215639j:plain

f:id:umilogfishing:20190913215805j:plain

 

ビッグベイト22号
  • 全長:190mm
  • 体高:45mm
  • 自重:72g
  • 素材:杉 24mm
  • ウエイト:13mm(11.5g)×2、9mm(3.8g)×2
  • テール:サーキットボード0.8mm
  • 塗装:エポキシ
  • タイプ:フローティング

 

f:id:umilogfishing:20190913215631j:plain

f:id:umilogfishing:20190913215753j:plain

 

 スイム動画はインスタにて。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Umilogさん(@umilog_woodlures)がシェアした投稿 -