Umilog

Umilog

うみ氏の釣りブログ

アメリカンルアービルダーとのセッション

  しばらく更新が滞っておりましたが、なんのことはなく単にルアー作りに集中したかったのでほったらかしていただけで、使える時間は全てルアー製作に割いていたこの2ヶ月間でした。

なにかと邪魔するのが得意な猫も作業中の机を横断するのは控えたほどに黙々と取り組んでおりました。

 

f:id:umilogfishing:20191221071022j:plain

 

ルイジアナからの贈り物

 

  さてさて、気付けばあっという間に秋も過ぎ去り季節は冬に変わってしまいましたが、まだ秋らしさが残っていたある日のことです。

インスタで私のルアーを見た米国ルイジアナ州在住の方からメッセージが届きまして、何かなと開いて見ると開けた事を後悔するような長文がズラズラと綴られていました。

確かに私のインスタはタイトルを英語で付けているので、当たり前と言えば当たり前の事ですが、バイリンガルとは程遠い私の拙い英語力とグーグル翻訳のタッグによって読み解くとどうやらこんな内容。

 

やぁ、うみろぐさんこんにちは。

私は米国ルイジアナ州在住のルアービルダーだ。

この程私はある企画を思いつき実行に移した。

それは私が削り出したルアーのブランクを様々なルアービルダーにペイントしてもらうことさ。

是非あなたにもペイントしてもらいたいのだが、どうだろう?この企画に参加してみないか?

 

かなり要約していますがこんな感じでしょう。 

私はこの人が何か勘違いしているのではないかと念のため尋ねてみました。

「日本に送ってもらう必要があるけど問題ないか?」

問題ない、直ぐに送るよ!

 

 釣りに国境はない

 

f:id:umilogfishing:20191221075621j:plain

 

  このメッセージのやりとりから2週間後にルイジアナから小さな小包が届きました。

中には赤みの強い木色をしたルアーのブランクと送り主の商品と思われるポッパーが同封されていました。

荷物が無事届いたことを知らせると、

ポッパーはYOUへのプレゼントさ。楽しみにしているよ!

早速今日からペイントを始めるよと返信。

この一言が余計だったことを後に知る事になりますが、どんな風に仕上げようかと満員電車に揺られながらイメージを巡らしていました。

そう、この日の夜に塗るつもりで。

しかし、冒頭で触れたようにこの時は自分のルアー製作に全勢力を注いでいたので家に帰る頃には朝のイメージは何処へやら、筆ではなくナイフ片手にブランク作りに精を出しペイントは先送りに。

新しいタイプのルアー作りに夢中になっていましたが、なかなか思うような結果が得られず積み重なる失敗作の山の中にルイジアナからやってきたルアーは埋もれていきました。

 

国境はないが温度差はあったようで

 

妻は度々私に言いました。

「早く塗って送れって!!」

 

ルアー到着から10日ほど経ったある日、ルイジアナからメッセージが届きました。

 

調子はどうだい?どんな具合かちょっと覗き見させてくれないかい?

 

忘れていたわけではありませんが、諸事情により筆が進まなかったこの10日間。

今日から塗るよと伝えて10日後の出来事です。

慌てて埋もれたルアーを探し出し取り急ぎベースカラーを塗って写真送付。

 

さすが私の友よ!いいね!完成が楽しみだ!

 

そのまま一気に仕上げれば良かったのですが、ベースカラーのまま更に寝かせてしまいました。

翌週に入りようやく手をかけ始めなんとかフィニッシュ。

 

f:id:umilogfishing:20191221080922j:plain

 

よし、あとは郵便局の窓口が開いている時間に行って送るだけ。

しかし国際郵便を送るのは始めてで勝手がわからない。

EMS? eパケット?

ちょっと調べてみたところ、大きさ的にはどちらでも送れるようだがよくわからない。

詳しいことは窓口で聞くとしよう。

近々行って来ねば。

そうして完成したルアーはろくにパッキングもされないまま更に寝かされていったある日の早朝にルイジアナからメッセージが。

 

荷物の追跡コードはわかるかい?

 

OK、OK、光の速さで郵便局へ向かったのは言うまでもありません。

窓口で宛名を書こうとルイジアナからの小包に同封されていた名刺の住所を確認しますが、日本とは住所の書き方と言うか順番が違うようで、どれが番地でどれが郵便番号でどれが電話番号なのかよくわかりません。

窓口で聞いたところでわかるはずもなく、一番桁数が多いのが恐らく電話番号で一番最後に記載されているのが郵便番号だろう。

そう踏みました。

間違っていたとしても多少遠回りする程度で着くはずだと。

なのでせめて最も早く着くと言われたお値段高めのEMSで発送。

アメリカの遠回りがどの程度になるのかは知る由もありませんが、とにかく発送は完了。

 

すまないルイジアナ

当初の予定では3日程度でそちらに送るつもりでいたが、自分の製作で一杯一杯だったのとなかなかカラーイメージが湧かなかった為に遅くなってしまった。

結局35日間も要してしまったが、悪く思わないでくれ。

言い訳だけど猫の手も借りたいほどに忙しかった。

それと誤解のないように言っておくが、他の日本人は私のようにルーズではない。

私からもささやかながらプレゼントのルアーを一つ同封させていただいた。

今後ともよろしく。

そう素直な自分の気持ちをギュギュッと凝縮し、

 

「遅れてすまない」

 

そうメッセージを送りました。

すると直ぐにルイジアナから返信が

 

No problem,there no deadline.

Thank You for participating.

Merry Christmas

 

願わくばクリスマスの日に届いてもらいたいものです。

 

なんて思っているとわずか7日間で届いたと連絡がありました。

住所の書き方は間違っていなかったようです。

大変喜んで頂けたようで、何とも気持ちの良い交流となりました。

 

「さっさと送れよ ( ꒪Д꒪)ノ 」

 

おしまい。

 

それではまた。

 

 

うみろぐのインスタ@umilog_woodlures