Umilog

Umilog

うみ氏の釣りブログ

鳥羽にてマゴチ、キス、タケノコメバルの癒し旅

今回の釣行は妻のセレクトで三重県鳥羽市へ。

アオリイカにはまだ早いのでタコを狙いつつ根魚でもと、それ用のリグやできたてホヤホヤのビッグベイトとスイッシャーをスイムテストの為に持って行きました。

海釣りでまわりたいポイントや野池はグーグルマップにしっかり星付け済みです。

しかし、地域差はあるようですが御多分に洩れず三重県でも水抜きして外来魚を駆除しているところや釣り禁止の池も多いようなので勝手の分からない私には淡水の遊びはなかなか難しいのかなと。

加えて妻は淡水の釣りに興味が薄いという・・・まぁせっかくの鳥羽なので

メインは海です。

日の出と共に竿を振る夢を見ながら小浜町に到着したのはお昼過ぎ。

1泊2日の釣り旅行なのに、うっかりレインウェアを忘れてしまい今にも降り出しそうな空模様に気を揉みましたが、なんとかもってくれています。

まずは小浜漁港を見て回ると沢山のタコ壺があったりして、タコ漁が盛んなことが窺え期待が高まります。

さっそく北側の防波堤に入りタコ用ルアーを付けてヘチとミオ筋を探りながら堤の先端へ向かいます。

注)因みにこの漁港は夜釣りが禁止なようです(堤にそう書いてありました)。

妻は冷凍庫に眠っていたオキアミを餌にガラ空きであった堤の一等地である先端へ脇目も振らず向かいました。

ほどなくして妻のロッドに最初の魚信が訪れ上がってきたのはイトヒキハゼ。

水色の斑点が綺麗でしたが調理するまでもないので即リリース。そして連続のイトヒキハゼ。

時折食べ頃のシーバスが群れで回って来るのを目にしますが、あいにく底釣りの仕掛けしか持ち合わせておらず、しかも妻のリールは糸巻き不足でチョイ投げでもフルラインが出ている始末。

一旦仕切り直しで道中に見かけた明らかにパチンコ屋跡地の釣具屋へ。

妻のリールにはPE0.6号を巻いていましたが、巻き直すのも手間なのでナイロンラインを継ぎ足すことにして、妻が絶大な信頼を寄せるTHE釣り餌の青イソメも購入し再び小浜へ。

このころには天候も回復し快晴となっていたので、ひと泳ぎしたい私は漁港手前の小さい砂浜のワンドで海中撮影を始め、妻はワンドの岬に立ち釣り再開です。

海中はプランクトンが豊富?なのか視界はよくありませんでしたが、岸際は小メバルがわんさかいました。

ふと妻に目をやるとなにやら呼んでいるので泳ぎ寄るとキスの針が外れず困っているとのこと。

陸に上がり針を外してバケツに入れようと中を見やると既にキスが5匹入っており妻は完全にやる気スイッチが入っていました。

その後はハゼとチャリコ(鯛の幼魚)も追加して本日のお宿である海楽園へ。

そこでは桟橋から筏に渡れるのでチェックインして即釣り再開です。

私はワームを結んでボトム探ってみましたが釣果はマイクロハゼのみ。一方妻は飽きのこない程度にチャリコやらハゼやら釣れていました。

f:id:umilogfishing:20180909100128j:plain

急に雨がぱらついたり晴れたりと不安定な天候で夕マズメを迎え、再びタコ釣りしようとタックルの準備をしていると何やら妻のロッドが大きく弧を描いているではありませんか!

なんだなんだと慌てて駆け寄る最中、妻が抜き上げたのはマゴチでした。

フラットな頭に巨大な口、これには妻も私も大興奮です。

f:id:umilogfishing:20180909101754j:plain

口を持つと親指ザラザラになりましたがとにかく嬉しい一匹。

前回の釣行でも妻はそこそこのグレを釣ったりと大概釣果は私の上をいっています。

ただ、仕掛けは私が選びセットしていることはさりげなく書いておかなければなりません。

「私のセレクトです」と。

これ以上はやめておきましょう。

宿では18時迄に釣った魚をフロントに持ち込むと調理してくれるとのことなので、マイクロサイズは全てリリースして食べられそうなキス、チャリコ、マゴチを持って急いで調理を願い出ました。

「いや~大漁だねぇ」と言ってくれましたがマゴチは調理できるかわからないとのこと。

夕食ではこれでもかと海の幸を堪能し、釣った魚は全て煮付けで出てきましたがマゴチの姿は見当たらず。

聞けば調理できなかったとのことで・・・

残念です・・・とても・・・

ただお腹一杯なので出されても食べ切れなかった感は否めません。

マゴチの行方はミステリーのままですが・・・

その宿では22時迄にフロントに持ち込むと魚拓のサービスもあるので食後間もなく再び筏へ向かいます。

釣果は妻の小メバルのみでしたがかわいい魚拓となりました。

部屋に戻ってからも窓から釣りが可能なので、釣り糸を垂らしますが潮の動きもなく不発に終わりました。

ライトに照らされた桟橋付近では水面がざわついているのが見えましたが、風呂上がりのほろ酔いで外に行く気になれずこの日は就寝。

(この宿の貸切露天風呂は最高でした)

毎度の事ですが、寝る前は早起きして釣りに行くつもりでしたが起きたら7時を回っていました。

とりあえず窓から竿を出してみましたが生命感はなし。ほどなくして大雨となりました。

f:id:umilogfishing:20180909103751j:plain

f:id:umilogfishing:20180909104002j:plain

チェックアウトを済ませ今度はフェリーターミナル付近を見て回りましたがいかんせん雨が強く合羽無しではいられませんのでダイソーへ走りました。

雨対応可となり再び小浜漁港へ戻って、ちょい投げでテトラの切れ目をツンツンして狙います。

するとファーストヒットで20cmぐらいのタケノコメバルが。

f:id:umilogfishing:20180909104416j:plain

妻は嫌いなベラをそれぞれ釣ったところで雷ゴロゴロにて竿仕舞。

帰りは再び天候が回復したので伊勢の野池で寄り道し、スイムテストがてらちょろっとバス釣りに興じましたが何も起きず三重を後にしました。

 

今回初めて小浜エリアを訪れましたが、地形が入り組んでいるのでポイントも豊富にあり、私は貧果に終わりましたがフラットフィッシュとロックフィッシュの魚影は濃いように思いました。季節を変えて是非またリベンジに向かいたいと思います。

(泳がせ釣りやればよかったな・・・絶対釣れたと思うけどな・・・)

 

ご覧いただきありがとうございました。